23,shoe contemporary 靴職人記

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧




楽市楽座

いよいよ今週末からの開催です。
c0190633_20514869.jpg




楽市楽座vol.1「なごのツクリ〜テばざーる」〜ツクリテがウリテ〜

「楽市楽座」とは。
「楽市楽座」は戦国大名達が支配地の市場で行った経済政策で、
流通の規制緩和を行うことにより自由な取引を促したものです。

「楽市楽座」は様々な立場のモノづくりをする人々の集まりで、
その名の通り、私たち作り手自身がお客様に対して、
自由に流通を考え、新たなアプローチを試みるあつまりです。


「楽市楽座」第1回目のイベント「なごのツクリ〜テばざーる」は、
愛知県を拠点に活動するこだわりのモノづくりを生業とした職人やメーカーが、
伝統の技や、職人・メーカーの技術を作り手自身がプレゼン・販売します。

期間中はワークショップや実演会等も開催され、
作り手の生の声を聞きながら、
普段とはひと味違った ショッピングが楽しめます。

地元あいちのモノづくりのパワーを体感して下さい。



■日時:10月2日(土)〜10月17日(日)<am10:00-pm20:00>
→10月2日(土)は18時30分より、オープニングパーティーを開催します。

→10月9日(土)〜10月17日(日)の期間は、NDW2010との連動イベントです。

■場所:シューズボナンザ隣接「ナゴノスペース」
〒451-0045 名古屋市西区名駅二丁目27-6プライムセントラルパーキング1F

<出展者>

○シューズボナンザ 鈴木達也氏
http://www.shoesbonanza.com/index.html
靴職人の技術を駆使した、オリジナル革雑貨を出展。
名古屋らしいアイテムを取りそろえています。
ワークショップでは、靴の磨き方講座を開催します。

○Kataha(カタハ) 吉松幸祐氏
http://kataha.exblog.jp/
ウォルナットやチェリーなどで様々なiPhoneケースを制作しましたが、
ピッタリとフィットさせるのは至難の業。木工家具職人による新たな挑戦です。
他人とは違うiPhoneにしてみませんか?

○丹羽ふとん店 丹羽拓也氏
http://niwafuton.com/
5代続く手作り木綿ふとん屋。脈々と変わらない技術の継承と
時代に合わせて柔軟な変化を続けていきます。
色彩豊かなごろ寝枕は使い勝手が良く、手放せなくなります。

○エムエムヨシハシ 吉橋賢一氏
http://www.mmyoshihashi.com/
瀬戸の型屋が新たな磁器シリーズのテーブルウェアを発表。
当たり前の大量生産から少し目を離し、自分たちの技術を見直すことで生まれた
「温故知新」という言葉がふさわしい、日本のものづくりの再提案です。

○枕のキタムラ 北村圭介氏
http://www.kabu-kitamura.com/
大正12年創業の老舗枕メーカー。
睡眠の姿勢に徹底的にこだわり抜いたジムナストシリーズは、
発売から徐々に人気を博し、お客様の声からさらに品質を向上させました。
新生ジムナストを是非、お試しください。



まずはオープニングパーティに来てください。
それから土日はワークショップに来てください。
それ以外はツクリテとの対話を楽しみに来てください。

ナゴノスペースでお待ちしております。
[PR]



by 23sc | 2010-09-29 20:58 | お知らせ

パーフォレーション

c0190633_11394356.jpg

今日もわりとマジメに作業してますよ。

そろそろボナに行く準備しないとマズイです。
[PR]



by 23sc | 2010-09-23 11:39 | 日記

オリジナルブレンド

c0190633_7263672.jpg

すごい雨と雷ですね。
今日はケイコとマナブの取材が
シューズ・ボナンザであります。

私はメインではありませんが…

うちのナンバーワンが取材されます。


昨日仕上げ用の染料の調合をしました。
素仕上げでは少し寂しい、でも
あんまり(色が)付きすぎても…というときに使う用です。

艶と透明感に重点を置き、少しづつ調整。

こういうのが楽しい。

楽しんでばかりはいられない状況ですが、
楽しさは自然と製品にも表れる、と信じて
如何なる状況も楽しめるように
日々勉強、日々精進。

というわけで今日も全力でいきます。
[PR]



by 23sc | 2010-09-23 07:26 | 日記

サクサクと

c0190633_1128271.jpg

今日も全力でいってます。
左手右手共に悲鳴を上げつつありますが。
[PR]



by 23sc | 2010-09-20 11:28 | 日記

すきだから

c0190633_14524352.jpg

良い感じが難しい、といえば
漉きも特に難しいと思います。

漉くとは
革の厚みを調整する為に部分的に、または全体を薄くすることです。

どのくらいがちょうど良いかは
自分の指で触った感覚だけがわかる、という厄介さです。

仮に漉いてみて厚みを指で確かめて
ときには漉いた部分を折ってみて。

漉き機という機械を使ったり
漉き包丁という専用の道具を使ったりして
強度と見た目のバランスを考えながら漉いていきます。


基本的に自分の道具は他人に触らせませんが
包丁は絶対に使わせません。
それぞれのクセもありますし
なにより刃がかけてしまっては
お互い気まずいですしね。

良い感じに漉くには
良い感じに包丁を研がなければなりません。
良い感じに研ぐには
良い感じに砥石をおろさなければなりません。


良い感じは難しい。

なので
「良い感じじゃないですか」
は誉め言葉です。


今日も良い感じを目指していきます!
[PR]



by 23sc | 2010-09-10 14:52 | 日記

磨くので

c0190633_2012489.jpg

今日のふのりも良い感じです。
毎回水と量を調整しながら良い感じの濃さにしていきます。

ふのりに限らず、この"良い感じ"が一番難しい。
季節、気象条件、革等々、環境や相手が変われば
"良い感じ"具合も変わってきます。

なので習うより見て盗む、という感覚になってきます。

こんな感じだったな、と実際との誤差をいかに埋められるかが職人の力量ではないでしょうか。


まだまだ盗み見ていたかったですが、そうもいかなくなりましたので
必死に誤差を埋める毎日です。

日々勉強、日々精進。
[PR]



by 23sc | 2010-09-09 20:12 | 日記

日曜プライマリー

日曜のシューズ・ボナンザと言えば
日曜プライマリー。

今日はパンプス縫製、釣り込みの流れでした。
a0131592_17243346.jpg

縫製の工程は口周り(履き口)をミシンがけ。
目立つ部分ですので十分な練習と心の準備が必要です。

・・・・・・・

その後マチ切り。

マチ切りもなかなか難しい行程で
裏革が残ってしまったり、糸を切ってしまったり・・・
どの工程も気が抜けません。


それから底付け工程の釣り込み。
まずはお手本に方足釣って手順を見せていきます。

このとき心がけているのが
”簡単そう”に見せること。
そんなに難しくないのかな、と思わせることにより
余計なプレッシャーを感じずに作業していただければ、と思っています。


もちろん
いきなりきれいに全部釣るのは難しいので
お手伝いしながら釣っていきます。

来週は底貼り準備ぐらいまでいけると良いですね。
良い靴になるように頑張っていきましょ。



靴職人の手作り注文靴 シューズ・ボナンザ/shoes bonanza
http://www.shoesbonanza.com
[PR]



by 23sc | 2010-09-05 17:37 | shoes bonanza

青・赤

青い靴・赤い靴
(正確には赤茶ですが・・・)
c0190633_19571392.jpg

黒以外で遊んでみるのもいかがですか。
[PR]



by 23sc | 2010-09-02 19:58 |

メイド・イン・ナゴヤを謳い名古屋で靴づくりに励む靴職人の日々あれこれ 名古屋学芸大学で靴づくりも教えてます
by 23sc
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

links

ブログジャンル

画像一覧